講座選び

弁理士予備校おすすめランキング|講座選びのポイントを徹底解説!

更新日:

ランキングのイメージ

おすすめ弁理士予備校

弁理士試験は国家資格の最難関クラスと言われるほど難しい試験です。

そのため、独学で弁理士試験に合格することは難しく、ほとんどの受験生は資格予備校の弁理士講座を受講しています。

 

弁理士講座を提供する資格予備校としては、大手資格予備校のLECやオンライン予備校の資格スクエアなどいくつか存在します。

 

この記事では、おすすめの弁理士予備校をランキング形式でご紹介します。

弁理士予備校おすすめランキング

評判のイメージ

当サイトのおすすめの弁理士予備校をランキング形式でご紹介します。

 

弁理士予備校選びのポイントとしては、

  • 費用
  • 合格実績
  • 講師
  • 受講スタイル(通学 or 通信講座)
  • サポート体制

の5つがあり、これらのポイントを加味しつつ、当サイトで独自にランキングします。

 

1位:資格スクエア


こんな方におすすめ!

  • 受講料の安さと講義の質を両立させたい!
  • オンラインでも合格実績があるところがいい
  • スキマ時間を使って賢く資格取得したい!

当サイトの1番のおすすめは資格スクエアです。

おすすめのポイントとしては、

  • LECなどの大手予備校と比較して受講料が安い(LECのほぼ半額)
  • オンラインの受講であるため融通が効く
  • すでに合格者が出ており、合格実績もある

ということが挙げられます。

 

資格スクエアは、

  • LECなどに比べて受講料が安い(半額程度)
  • オンライン予備校の中ではサポート体制が手厚く初学者に安心
  • 弁理士試験の合格実績を出している

という特徴があります。

 

資格スクエアは、オンラインに特化しており、リアルの校舎を持たない分、受講料がかなり安くなっています。

例えば、LECの初学者向けの弁理士講座が50万円近くするのに対し、資格スクエアの基礎・短答・論文パック約半額の26万5千円(税込)です。

 

そして、単に受講料が安いだけでなく、弁理士試験の合格者も出ており、オンライン予備校の中では頭一つ抜けている印象です。

資格スクエアを選ぶ弁理士受験生の数も急上昇中で、今後さらに実績が出てくると思われます。

 

このように、資格スクエアは、弁理士試験の合格実績と受講料の安さのバランスとれています。

オンラインで手軽に勉強が進められるので、弁理士講座の受講料を抑えつつ、賢く弁理士合格を果たしたい人にとって、最適な資格予備校となっています。

>> 資格スクエア 弁理士講座の詳細はこちら

※大手予備校より受講料が安く、合格実績も出ています
※無料で資料請求できます

 

資格スクエアの弁理士講座については、下記の記事で詳細を解説しています。

資格スクエアで勉強するイメージ
資格スクエアの弁理士講座の評判〜オンライン予備校の実力は?

続きを見る

 

2位:LEC(東京リーガルマインド)


こんな方におすすめ

  • 短期合格を目指したい!
  • 講師の質にこだわりたい
  • 通学で講義を受けたい

LEC(東京リーガルマインド)は弁理士講座を提供する資格予備校の中で、知名度と実績ともにナンバーワンです。

講師陣も充実しており、自分に合った先生を見つけやすいです。

LECの公式サイトによれば、2017年から18年度の電子試験の初回合格者(つまり、一発合格)の5人のうち4人がLECの出身者とのこと。

 

また、スマホでのWeb講義の視聴が可能であり、講義の音声をダウンロードすることも可能。

 

欠点は受講料が高いことで、初学者を対象にした1年合格ベーシックコースの受講料が約48万円

LECはリアルの校舎も持っており、弁理士試験の専任講師も多く抱えているということもあり、他の予備校よりも受講料が高くなっています。

 

ただ、合格実績としては、他の予備校よりも抜きん出ており、「弁理士試験といえばLEC」というほど業界内では知られた予備校です。

総じて、多少お金をかけても絶対弁理士資格を取りたい方、特に「短期合格を果たしたい!」という意志が強い方はLECがおすすめです。

 

なお、現在、2022年向け 1年合格ベーシックコースが期間限定で10万円割引となっています。

>> LECの1年合格ベーシックコースの詳細を見る

※2021年8月末まで10万円割引!
※知名度抜群で短期合格に強い!

 

LECの弁理士講座については、下記の記事で詳細を解説しています。

LECの弁理士講座の評判は?おすすめの講師もご紹介

続きを見る

 

3位:STUDYing


“"

こんな方におすすめ

  • 勉強が続くか不安なので初期投資を抑えたい
  • すきま時間を活用して勉強を進めたい
  • オンラインで学習情報を管理したい

STUDYing(スタディング)は、オンラインに特化した資格予備校です。

もとは「通勤講座」というサービスでした。

 

STUDYingの売りは、なんといっても受講料が業界最安値であること。

弁理士総合(基礎、短答、論文)コースの受講料は79,800円(税込)と、価格の点については他の資格予備校よりもダントツで安いです。

上で紹介したように、LECだと50万円近くかかりますし、オンライン特化の資格スクエアでも約24万円です。

STUDYingの受講料がいかに価格破壊であるかというのがよく分かると思います。

 

また、オンライン問題集や講義動画にメモを追加できる機能、検索機能など、オンラインの特性を活かしたサービスを提供。

 

弁理士試験に興味があるけど、勉強を続けられるか不安なのでできるだけ初期費用を抑えたいという方は、STUDYingがおすすめです。

登録すれば、無料講義が視聴できるので、確かめてみると良いでしょう。

 

なお、現在、STUDYingの弁理士講座の「総合コース」が11,000円OFFのキャンペーン中です。

もともと受講料が業界最安値のSTUDYingですが、さらにお得になっているので、受講を検討中の方は、お早めに申し込みましょう。

> STUDYingの無料講座を試してみる

※2021年7月31日まで受講料が11,000円OFF!
※受講料が業界最安値!

※ユーザ登録すると、講義動画の一部が無料で視聴できます

 

STUDYingの弁理士講座については、下記の記事で詳細を解説しています。

STUDYingで勉強するイメージ
STUDYingの弁理士講座の評判 〜業界最安値の実力は?

続きを見る

 

その他予備校

その他、弁理士講座を提供している予備校についても簡単にふれておきます。

 

TAC

TACは、LECと並んで予備校の大手です。

かつて弁理士試験の大手予備校のひとつだったWセミナーが、業績不振により、弁理士講座の部門がTACに事業譲渡されたという経緯があります。

 

ただ、TACはLECの下位互換という印象がぬぐえません。

受講料は若干TACのほうが安いですが、合格実績を重視するのであれば、LECの方が良いでしょう。

 

TACの弁理士講座については下記の記事で解説しています。

TACの弁理士講座の様子
TACの弁理士講座の評判と口コミは?

続きを見る

アガルート

アガルートは、オンラインに特化した資格予備校です。

弁理士講座を提供する予備校としては、最も最近提供開始したところであり、まだ評判は定まっていません。

そのため、合格実績はまだなく、実力は未知数といったところです。

 

アガルートの弁理士講座の受講料は、「総合カリキュラム」のコースで229,000円となります。

(民法オプションをつけると、+4万円になります)

合格した受講生への特典として「合格特典で受講料全額返金」があります。

アガルートの弁理士講座については下記の記事で解説しています。

オンライン講座のイメージ
アガルートの弁理士講座の評判は?合格特典がすごい

続きを見る

代々木塾

代々木塾は、弁理士講座のみに特化した老舗の資格予備校。

昔20年くらい前までは、弁理士予備校では代々木塾が一強だったと言われています。

しかし、近年では大手予備校に押されてマイナーな存在になりつつあります。

 

ゼミや答練に定評がある予備校であるため、基本的に通学することを前提として考えたほうが良いでしょう。

初学者にフィットするような講座はあまり無く、少なくともこれから弁理士試験の勉強を始める人にはおすすめしません。

ある程度の受験経験を積んだ、ベテラン受験生に向いた予備校であると言えるでしょう。

代々木塾の弁理士講座については下記の記事で解説しています。

社会人受験生のイメージ
代々木塾の弁理士講座の評判と口コミは?

続きを見る

その他小規模のゼミ

その他、各地で小規模の弁理士試験対策ゼミが存在しますが、これから弁理士試験の勉強を始める方は気にする必要はありません。

基本的には、論文試験対策のゼミ形式のものがほとんどで、まずは短答試験の合格を目指すべき初学者には向いていないと言えます。

弁理士予備校の選び方のポイントは?

予備校選びはどうする?のイメージ

弁理士予備校選びのポイントとしては、

  • 予備校の費用(受講料)
  • 合格実績
  • 講師との相性
  • 受講スタイル(通学 or 通信講座)
  • サポート体制

があります。

以下、詳しく説明します。

予備校の費用(受講料)

これから弁理士講座選びをする人にとって、当然ながら、、費用(受講料)は重要な要素。

 

実は、各資格予備校が提供する弁理士講座(初学者向けの基礎講座)の受講料は、約10万円〜50万円とかなりの幅があります。

 

以下は、代表的な資格予備校の弁理士講座(初学者向けの基礎講座)の受講料です。

予備校名 講座名 金額(定価、税込)
LEC(東京リーガルマインド) 1年合格ベーシックコース 495,000円
TAC 2年本科生 449,000円
資格スクエア 基礎・短答・論文パック 265,000円
STUDYing(スタディング) 弁理士 総合(基礎/短答/論文)コース 79,800円
アガルート 総合カリキュラム 251,900円

※受講料は定価(2021年時点)

このように、各資格予備校によって弁理士講座の受講料はバラバラです。

 

純粋に価格だけで比較すると、資格スクエアSTUDYing(スタディング)といった、オンライン予備校のほうが圧倒的に安いです。

STUDYingにいたっては、79,800円とダントツで業界最安値となっています。

 

一方、資格予備校の中で最も弁理士試験に実績があるLEC(東京リーガルマインド)は受講料が50万円近くします。

TACもLECほど高くはないですが、やはり40万円くらいしますね。

やはり、これらの予備校は、実際に校舎を設けて生講義を行っているので、どうしてもオンライン予備校よりも受講料が高くつきます。

合格実績

予備校選びにおいて、弁理士試験の合格実績は重要な要素です。

合格実績では、LECやTACといった既存の資格予備校に強みがあります。

特に、LECは毎年弁理士試験の短期合格者を多く輩出しており、業界内でも定評があります。

 

一方で、オンラインの資格スクールはいずれも比較的新しいサービスであるため、合格実績はまだそれほど多くありません。

しかし、その中でも資格スクエアからは、合格者が出始めており、今後はさらに増えてくると予想されます。

講師との相性

予備校選びのポイントとして大事なのが、弁理士講座を担当する講師との相性。

 

講師がちゃんと弁理士試験の出題傾向や法的な論点に精通していて、且つそれを分かりやすく受講生に伝えることができるか?

というのがポイントです。

 

それから、「講師のキャラクターが自分の好みに合うか?」もチェックしましょう。

弁理士試験の勉強は厳しく長丁場になるため、講師の講義を楽しく聞けることも、勉強を続けるモチベーションを維持する上で、重要なポイントです。

 

講師の質を客観的に評価するのは難しいですが、合格実績と講師の層の厚さではLECがダントツです。

LECでは、宮口先生、佐藤先生、納富先生といったスター講師が在籍していますし、毎年多数の合格者を輩出しています。

 

一方、オンラインの資格予備校ですと、講師のバリエーションが少ない傾向にあります

ただ、資格スクエアの菊地先生にしても、STUDYingの伊藤先生にしても、元は大手資格予備校で講師をされていた方なので、指導実績という点では十分。

あとは、講師が自分の好みに合うかどうかの問題になってきます。

受講スタイル(通学 or 通信講座)

予備校選びにおいて、受講スタイルを通学にするのか、通信講座にするのかもポイントです。

 

以下に通学と通信講座のメリット・デメリットをまとめます。

予備校に通学 通信講座
メリット ・勉強へのモチベーションが維持しやすい
・勉強仲間ができやすい
・スキマ時間で講義の視聴ができる
・通信講座特化の予備校を選べば受講料を抑えられる
デメリット ・通学に時間がかかる
・講義視聴に時間的・場所的な制約がある
・自己管理ができないと、勉強が進まない

このようなメリット・デメリットを勘案すると、

  • リアルの講義を受けないと勉強をサボってしまう →通学がおすすめ
  • 自己管理ができ、時間場所を選ばずに勉強を進めたい →通信講座がおすすめ

と言えるでしょう。

 

通学をしたいのであれば、LECやTACといった、リアルの校舎を持っている資格予備校に選択肢が絞られます。

 

一方で、特に通学にこだわりが無いのであれば、費用対効果の高い通信講座(オンライン)のみの資格予備校をおすすめします

資格スクエアSTUDYingは、スマホで講義を視聴でき、マルチデバイスにも対応しています。

また、オンラインテキストやウェブ問題集も用意されており、場所や時間を選ばずに勉強を進めることができるという強みもあります。

サポート体制

意外に見逃せないのが、予備校のサポート体制です。

弁理士試験の勉強を進める中で、講義やテキストからは理解できないところがどうしても出てきます。

そのような勉強の不安に対して、適切なサポートをしてくれる予備校はありがたいです。

 

サポート体制という点では、LECやTACといったリアルの校舎を持つ予備校が強いです。

通学であれば、直接講師に質問することもできます。

また、資格スクエアでは、勉強でわからない点を質問投稿できる機能があり、質問に対して講師や弁理士試験の合格者が回答してくれます。

おすすめの弁理士講座まとめ

各資格予備校の弁理士基礎講座の受講料と評価についてまとめます。

予備校名 費用(受講料税込) 合格実績 講師 受講スタイル サポート
資格スクエア 265,000円 (○) 通信のみ
LEC(東京リーガルマインド) 495,000円 (△) 通学/通信
STUDYing 79,800円 (◎) 通信のみ
アガルート 251,900円 (○) 通信のみ
TAC 449,000円 (△) 通学/通信

※受講料は初学者向けコースの定価(2021年時点)

 

上記のように、受講料にかなり差がありますので、講師や学習スタイルが自分に合うかどうか、慎重に検討したほうがよいでしょう。

 

実際の講義の雰囲気などは、資料請求や無料講義動画の視聴をしてみることをおすすめします。

おすすめ弁理士予備校

弁理士講座おすすめランキング

1位:資格スクエア

資格スクエアはこんな方におすすめ!

  • 受講料の安さと講義の質を両立させたい
  • オンラインでも合格実績があるところがいい
  • スキマ時間を使って賢く資格取得したい

2位:LEC(東京リーガルマインド)

LECはこんな方におすすめ

  • 合格実績を重視したい
  • 講師の質にこだわりたい
  • 通学で講義を受けたい

3位:STUDYing(スタディング)

“"

STUDYingはこんな方におすすめ

  • 勉強が続くか不安なので初期投資を抑えたい
  • すきま時間を活用して勉強を進めたい
  • オンラインで学習情報を管理したい

-講座選び

Copyright© 弁理士への道標 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.