試験勉強

知的財産管理技能士の勉強は弁理士試験の役に立つ?

投稿日:

論文試験対策のイメージ

弁理士試験の情報をお届けしている当サイトですが、知財の国家資格としてもう1つ、知的財産管理技能士があります。

 

知的財産管理技能検定(通称、知財検定)は、主に知財マネジメントに関するスキルを測定する試験で、特許法などの法律も出題されるため、試験範囲が一部弁理士とかぶります。

では、この知的財産管理技能士の資格は、弁理士試験の役に立つのでしょうか?

 

この記事では、弁理士と知的財産管理技能士について比較しつつ、知的財産管理技能士は弁理士試験の役に立つのかを解説します。

 

弁理士と知的財産管理技能士の違い

知的財産管理技能士と弁理士の比較のイメージ

まず、弁理士と知的財産管理技能士の違いを説明します。

 

弁理士には独占業務はあるが、知的財産管理技能士には・・・

両者は、同じ知財系の国家資格ではありますが、一番の大きな違いは、資格として独占業務があるかないかということです。

 

弁理士は知的財産の手続きの代理という独占業務があり(弁理士法第4条、第75条)、弁理士資格を取得することで独立できます。

 

一方で、知的財産管理技能士は独占業務は設定されておらず、あくまで、知的財産に関するスキルを証明するための資格という位置づけです。

 

試験内容や制度も微妙に違う

弁理士試験は、弁理士という法律家を登用するための試験であるのに対し、知的財産管理技能検定は知財マネジメントのスキルを検定するための試験です。

そのため、試験で求められるものも両者では異なっており、例えば、弁理士では法律の条文のかなり細かい点が問われるなど、法律に対するより深い理解が求められます。

一方で、知的財産では、知財戦略や契約などの実務的な知識も問われます。

 

あと、

  • 知財検定は、3級から1級までの難易度別に分かれているが、弁理士試験はそのような区分けがない
  • 知財検定は、学科試験と実技試験の2つに分かれるのに対して、弁理士試験は短答・論文・口述の3つに分かれる

などの試験制度の違いもあります。

 

知的財産管理技能士の資格は弁理士試験の役に立つか?

ステップアップのイメージ

上記のように、弁理士と知的財産管理技能士では、資格取得による効果が異なります。

 

とはいえ、両者は同じ知財に関する資格。

知的財産管理技能士の資格を持っていることで、弁理士試験の役に立つことはあるのでしょうか?

 

弁理士試験の一部免除になる?

弁理士試験では、一定の資格をもつ受験者に試験の一部を免除する制度があります。

例えば、応用情報技術者や薬剤師の資格を有する受験者は、論文試験の選択科目が免除される、などです。

 

では、知的財産管理技能士は弁理士試験の免除の対象になるか?というと、残念ながら現時点では免除の対象にはなっていません。

 

なお、弁理士試験の一部免除の詳細は下記の記事をご参照ください。

【弁理士試験の一部免除】条件を徹底解説

続きを見る

 

知財検定の勉強が活かされる?

では、知財検定の試験勉強によって得た知識が、弁理士試験にも活かされるのでしょうか?

 

答えとしては、

ポイント

知財検定の知識が弁理士試験に全く役に立たないわけではないが、非常に限定的

となります。

 

弁理士試験は法律試験であるのに対して、知的財産管理技能検定は実務能力の検定試験であるという根本的な違いがあるからです。

 

知財検定においても、特許法などの法律知識に関する問題が出題されるため、そこで得た知識が弁理士試験で活かされることはあるでしょう。

しかし、知財検定で求められる法律知識は、あくまで実務でよく使われるレベルの表面的なもので、弁理士試験ではもう一段深い法律への理解が求められます。

 

そうすると、わざわざ別の資格の勉強をするという回りくどいことをするより、素直に最初から弁理士試験の勉強に時間を使ったほうが良いです。

たまに弁理士試験の予行演習として知的財産管理技能士を受験しようとする人がいますが、以上の理由で全くおすすめできません。

 

もし論文試験選択科目の免除資格がないのであれば、応用情報技術者などの資格試験を狙ったほうが、よほど弁理士試験の役に立ちます。

 

まとめ

というわけで、知的財産管理技能士について、

  • 弁理士には独占業務があるが、知的財産管理技能士には独占業務が無い
  • 試験範囲や制度も異なる
  • 知的財産管理技能士は、弁理士試験の免除資格にはならない
  • 知財検定の知識が弁理士試験に活かされる場面も非常に限定的

ということを挙げました。

 

というわけで、知的財産管理技能士になるための試験勉強は、弁理士試験にはあまり活かされません。

やはり両者は別物として、自分に向いている方を目指すのがよいと思います。

弁理士講座おすすめランキング

1位:資格スクエア

資格スクエアはこんな方におすすめ!

  • 受講料の安さと講義の質を両立させたい
  • オンラインでも合格実績があるところがいい
  • スキマ時間を使って賢く資格取得したい

2位:LEC(東京リーガルマインド)

LECはこんな方におすすめ

  • 合格実績を重視したい
  • 講師の質にこだわりたい
  • 通学で講義を受けたい

3位:STUDYing(スタディング)

“"

STUDYingはこんな方におすすめ

  • 勉強が続くか不安なので初期投資を抑えたい
  • すきま時間を活用して勉強を進めたい
  • オンラインで学習情報を管理したい

-試験勉強

Copyright© 弁理士への道標 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.