転職

弁理士の志望動機の考え方|面接官に響くストーリーとは?

投稿日:

弁理士の志望動機のイメージ

弁理士や特許技術者は、専門職ということもあり転職が盛んな職種です。

 

採用面接などでよく聞かれるのが、特許事務所や企業に対する志望動機です。

転職活動を成功させるためには、志望動機をしっかり固めることが重要です。

この記事では、弁理士の転職活動における志望動機の考え方について解説します。

弁理士の転職におすすめ

>> リーガルジョブボードに無料登録する

※無料で登録できます
※知財の専門スタッフが在籍し、特許事務所の転職に強いエージェントです


特許事務所(企業)への志望動機

面接のイメージ

会社への志望動機はベタですが、必ず聞かれる質問です。

これは弁理士の転職活動においても例外ではありません。

志望動機は、担当者が候補者の転職意欲を判断するための重要なものになりますので、必ず事前に作り込むようにしましょう。

そのためには、下記のプロセスで志望動機を固めます。

  • 会社を知る
  • 自分のスキルを棚卸しする
  • 会社の特徴と自分のスキルを結びつける

会社を知る

志望動機を考える上で、面接を受ける特許事務所や企業の情報は不可欠です。

事前に可能な限り収集しておきましょう。

会社の情報をしっかり把握することで、より的確な受け答えができる可能性が高まりますし、その事務所に入りたいという熱意を示すこともできます。

収集するべき情報としては以下のものが挙げられます。

面接前に収集すべき情報

  • 求人票の詳細
  • 事務所が代理する企業名、年間の出願件数
  • 事務所が強みを持っている技術分野
  • 所長や所属弁理士の活動歴
  • その他、その事務所に関するニュースや評判

自分のスキルを棚卸し

過去の経歴を振り返り、アピールするべき自分のスキルを棚卸しします。

例えば、

  • 仕事を通してあげた成果
  • 仕事から身についたスキル

といった、採用担当者にアピールするであろう事項を随所に盛り込みます。

会社の特徴と自分のスキルを結びつける

志望動機は、会社の特徴と自分のスキルと結びつけるようにしましょう。

というのも、志望動機は、単に「その会社に入りたい理由」だけでなく、

御社のこういう点に惹かれ、自分のこういうスキルが御社で活かせると考えている

という方が面接官の印象が良いためです。

 

なお、弁理士の職務経歴書や面接対策については、下記の記事をご参照ください。

面接のイメージ
弁理士、特許技術者の職務経歴書と面接対策|好印象を与えるのは?

続きを見る

弁理士への志望動機

弁理士を目指すイメージ

稀にですが、

  • そもそもなぜ弁理士を目指したのか?
  • 知的財産の仕事をしようと考えた理由は何か?

といった、知財業務への志望動機が問われる場合もあります。

これは、特に、候補者が若手である場合や知財業務が未経験である場合に問われる質問です。

 

一般的には以下のようです。

  • 技術の最先端である発明を扱うことができる
  • 技術と法律の両方を扱うところがおもしろい
  • 企業活動に戦略面からサポートできる

ただし、上記のような理由は、知財の志望動機としては一般的なもので、これだけだと何の面白みもありません。

これを核として、自身のエピソードを交えて語ると説得力が増します。

自分自身が体験したことをベースにすると、オリジナリティが出てきます。

まとめ

以上、弁理士の志望動機の考え方について解説しました。

まとめると以下の通りです。

  • 面接等の場面で志望動機が問われるのは、弁理士も例外ではない
  • 志望動機は、「会社の情報収集→スキルの棚卸し→会社の特徴と自分のスキルを結びつける」というプロセスで行う
  • 候補者が若手や未経験者の場合、知財業務への志望動機も問われる場合もある

転職活動の際のご参考になれば幸いです。

 

なお、転職活動を満足のいくものにするためには、転職エージェントの活用が欠かせません。

特許事務所の転職ではリーガルジョブボード(LEGAL JOB BOARD)がおすすめです。

リーガルジョブボードは、弁理士や特許技術者の転職に特化しており、特許事務所の求人が豊富です。

担当者が特許事務所にヒアリングしており、特許事務所の情報や弁理士の就職状況などを熟知しています。

そのため、職務経歴書の作成や面接対策において、業界の事情を踏まえた適切なアドバイスが受けられます。

こういったエージェントをうまく活用することで転職の成功率が高まります。

リーガルジョブボードへの登録は無料でできます。

特許事務所への就職・転職を検討されている方は、まず登録することをおすすめします。

>> リーガルジョブボードに無料登録する

※無料で登録できます
※知財の専門スタッフが在籍し、特許事務所の転職に強いエージェントです

 

弁理士の転職でおすすめのエージェントについては、下記の記事でまとめていますのでご参照ください。

面接のイメージ
弁理士の転職エージェントおすすめランキング【2021年版】

続きを見る

 

また、弁理士の転職における成功のポイントを以下の記事にまとめていますので、こちらも併せてご参照ください。

弁理士の転職のイメージ
弁理士の転職・就職を成功させる5つのポイント

続きを見る

-転職

Copyright© 弁理士への道標 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.